ゲーミングPC

ゲーミングPCケースの「サイズと種類」を知っておこう

ゲーミングPCについて調べていると出てくる「フルタワー」や「ミドルタワー」。

ゲーミングPCをはじめて買う時に「何これ?」と思った疑問の一つがサイズでした。まあ色々なサイズがあるんだろうな~と浅はかにしか理解はしていませんでしたが、ゲーミングPCは高い買い物。事前に最低限のことを知っておかないと、不安ですよね。

そこで本記事では、ゲーミングPCを買う前の事前知識として最低限知っておきたいゲーミングPCケースのサイズや種類について紹介していきます。本記事を読めば、自分にあったゲーミングPCのサイズがわかります。

ゲーミングPCケースのサイズには大きくわけて「3つ」ある

ゲーミングPCには設置型の「デスクトップ型」と持ち運びが可能な「ノートPC型」があります。

安さを求めてノートPC型のゲーミングPCを求める方もいますが、コスパや快適なゲーム環境を手に入れるためにデスクトップ型のゲーミングPCを自宅に設置する人の方が多い印象です。

そこで本記事では、より高性能なデスクトップ型のゲーミングPCが持つサイズや種類について紹介していきます。

PCケースとはなにか?

「そもそもPCケースってなに?」という人もいると思うので、簡単に紹介しておきます。

PCケースとはパソコンのマザーボードや付随する部品を格納するための「箱」のことです。

自分で自作PCを作ってみるとよくわかりますが、マザーボード・ハードディスク・電源など、各種パーツを組み合わせる必要があります。そういった1つ1つのパーツを所定の場所に取り付けるためにもPCケースは必要になるのです。

ゲーミングPCケースにはどんな役割がある?

なぜPCケースが必要なのか?どんな役割を果たしているのか?

普段、ノートPCで仕事をしている人の場合、あまり馴染みがないのでこういった疑問が生じるかもしれませんね。一般的に、以下のような役割を果たすためにデスクトップ型のゲーミングPCにはPCケースが備え付けられます。

PCケースが果たす役割

  • パソコンに必要な各パーツを格納する
  • 振動や汚れなどからパーツを保護する
  • パーツから発せられる音を抑制する
  • パーツから発せられる熱を冷却する

ざっとこんな感じですね。

地味に大切な役割を果たしているPCケースの必要性について理解したところで、種類やサイズについて見ていきます。

ゲーミングPCケースにはどんな種類があるのか?

さて、そんなゲーミングPCでも必須となるPCケースですが、大きく分けると以下の3種類にわけられます。

ゲーミングPCケースの種類

  • 大型(フルタワー)
  • 中型(ミドルタワー)
  • 小型(ミニタワーなど)

大・中・小の3つですね。

それぞれ「フルタワー」「ミドルタワー」「ミニタワー」と呼ぶことが一般的。小型の代表格はミニタワーなのですが、他にもキューブ・スリム・コンパクトなどいくつか種類があります。

そしてデスクトップ型のゲーミングPCは「ミドルタワー」として販売されているモデルが多いです。また、大型の方が性能や値段が高く、小型の方が性能や値段は下がる傾向にあります。

例外的に、小型でも性能が高い製品もありますが。

ゲーミングPCケースのサイズや大きさはどのくらいか?

PCケースはフルタワー、ミドルタワー、ミニタワーの3つにわけることができるとお伝えしてきましたが、実は厳密な定義はありません。

とても大きければ「フルタワー」、普通くらいなら「ミドルタワー」、小さめなら「ミニタワー」、小さくて四角なら「キューブ」といったように見た目でざっくりわける感じなのです。

ただ実際にゲーミングPCを購入する際には、予算とスペースの両方を考慮する必要があります。スペースがないのにフルタワーモデルを買っても宝の持ち腐れになってしまいますからね。

無難にミドルタワーにするという手もありますが、大体のサイズ感や寸法を知っておいた方が役に立つので、G-Tune(マウスコンピューター)のゲーミングPCサイズを例にサイズ感を紹介しておきます。

サイズ製品名幅(mm)奥行き(mm)高さ(mm)
フルタワーG-Tune XP-Z
(プレミアムモデル) 
220490501
ミドルタワーG-Tune EN-Z-3060Ti
 [ Windows 11 ]
(プレミアムモデル)
216532435
ミニタワーG-Tune PL-B
[ Windows 11 ]
(プレミアムモデル)
180405330
ミニタワー
(ハンドル付き)
G-Tune HM-B-3060Ti-LC
[ Windows 11 ]
194411400
G-Tune(マウスコンピューター)が販売している各製品のサイズ(目安)

実際の製品イメージがこちら。

G-Tuneのサイズ比較表(マウスコンピューター公式ページより引用)

ミドルタワーやフルタワーになると、奥行きや高さが40~50cmほどになるので、ある程度スペースを確保できる場所が必要となります。

ゲーミングPCを置く部屋のスペースや寸法を測った上で、決めてみてくださいね。予算もあるでしょうが、セールス時期を狙えば結構お得に手に入れることもできるので、セールス時期がいつかもチェックしておきましょう。

まとめ:ゲーミングPCケースのサイズは大きくわけて「3つ」ある!確保できるスペースを見ながら決めてみよう

今回は、ゲーミングPCを買う前に知っておきたいサイズや種類について紹介してきました。

「フルタワー」「ミドルタワー」「ミニタワー」など、自分が求めているゲーム環境や部屋のスペースによって変わりますが、もし迷ったら「ミドルタワー」にしておくことがコスパ的にもおすすめです。

ゲーミングPCを購入するBTOショップによっては、フルタワーの取り扱いがない(もしくは完売している)などの理由により、買えないケースもあり得ます。もし「どこのBTOショップで買えばいいか悩んでいる」といった人は初めてゲーミングPCを買うのにおすすめなBTOショップを紹介の記事を読んでみてください。

初めてゲーミングPCを買うのにおすすめなBTOショップを紹介

初めてゲーミングPCを買うならどこで買えばいいの?という人向けに、初心者にもおすすめのBTOショップを紹介してみました。細かいスペックや性能については別記事でまとめているので、まず概要だけでも知りたい人はぜひ本記事を参考にしてみてください。

続きを見る

-ゲーミングPC
-