ゲーミングPC

FPS(フレームレート)とHz(リフレッシュレート)の違いとは何か?

ゲームや映像関係でよく出てくる用語。それがフレームレートとリフレッシュレートです。

私もゲーミングPCをはじめて買う時に色々調べていたら出てきたのがこの言葉だったのですが、正直違いがわからず悩んだ経験があります。そこで本記事では、両者の違いを専門用語なしでわかりやすく解説していきます。

FPS(フレームレート)とHz(リフレッシュレート)の違いを解説

映像関係の仕事をしている方やメーカー勤務の方、さらには私のようにゲーミングPCを買おうと考えている人は、フレームレートとリフレッシュレートの違いを理解しておくことは必須です。

難しそうに見えますが、ポイントをおさえれば簡単なので一緒に理解していきましょう。

FPS(フレームレート)とは何か?

FPSはFrames Per Secondの略でフレームレートとも言われます。

フレームレート(FPS)とは1秒あたりの動画が何枚の画像で構成されているかを示す単位を意味します。単位はfpsが使われ、30fpsであれば「1秒間の動画が30コマ」、60fpsであれば「1秒間の動画が60コマ」で構成されていることになります。

そもそも動画は画像を重ねて高速で切り替えることで動いているように見せている「パラパラ漫画」のような仕組み。

1秒間に「10枚」の画像をパラパラするのと、1秒間に「100枚」の画像をパラパラした場合を比べたら、どちらの方がより滑らかに動いているように見えるでしょうか?

答えは「100枚」の方。これをかっこよく専門的に表現したものがFPSのイメージです。FPSの値が高いほどスムーズに動いているように見えますし、FPS値が低いほどぎこちなくカクカクした動きに見えます。

FPS(フレームレート)の主な種類は?

もう少しフレームレートについてイメージを膨らませておきます。

以下にFPSの種類と主な用途をまとめてみました。

フレームレート(FPS)の種類主な用途
3~5 fps防犯カメラや監視カメラ
24 fps映画
30 fps日本のテレビ放送
60 fps日本の4k・8kテレビ
120 fpsゲームや3D映画
フレームレートの種類と主な用途【まとめ】
防犯カメラから学ぶFPSが低い理由

防犯カメラや監視カメラの映像をテレビなどで見たことがある人も多いと思いますが、あれってなんだかカクカクしてますよね。FPSが高いと映像がきれいになる反面、データ容量が大きくなってしまうデメリットもあります。

防犯カメラの場合、特定の場所における映像を記録することを目的としているため、データ容量も勘案してFPSが低くなっているのです。

覚えておきたいFPSの基準はテレビにある

「FPSの基準値ってどのくらいならいいの?」

そう思った人は日本のテレビ放送「30fps」がベースになっていると覚えておきましょう。私たちが見慣れているテレビが30fpsなので、このくらいの数値が出ていれば違和感なく動画や映像を見られるということです。

ちなみに車のドライブレコーダーも30fps程度のものが搭載されています。これは事故などが起こった際の証拠を記録として残せるようにするため。

車が時速60kmで走っていたとしたら、1秒あたり16.7m進む計算になります。1秒間に10枚が撮影される10fpsの場合、1枚撮影する間に車は1.67m進んでしまいます。1秒間に30枚撮影される30fpsの場合だと、1枚撮影する間に車は0.55m進みます。

わずか1mの差かもしれませんが、その間に起きた重要な証拠を残すためにもドライブレコーダーでは30fpsとなっているのが一般的なのです。スピードがあればなおさらです。

ゲームに求められるFPSはかなり高い

表内の一番下にあるゲームは、最大で120fpsとなることが多いです。

ゲーマーの方ならおわかりでしょうが、最新タイトルの多くは映像のリアリティも操作性も恐ろしいほど高性能です。没入感を生み出しプレイヤーを惹き込むゲーム作品には、必然と高いFPSが要求されるのです。

快適にプレイできる環境のことを「ヌルヌル」と表現することもありますが、そのためには高いFPSとそれを支えるゲーミングPCのスペックが必要になります。

Hz(リフレッシュレート)とは何か?

FPS(フレームレート)について紹介してきたので、続いてリフレッシュレートについて解説していきます。

リフレッシュレートとはディスプレイが1秒あたりに画面を更新する頻度のことで、単位はHzで表示されます。

例えば、リフレッシュレートが60Hzの場合、ディスプレイが1秒間に60回画面を更新(リフレッシュ)することになります。120Hzであれば、1秒間に120回画面が更新されるということです。

ここまで聞くと「フレームレートとリフレッシュレートはなんとなく違うけどやっぱり似てる」という感覚になりますよね。

ちょっとゲームを例に考えてみます。

実際にゲームをプレイしていてモニターに映像が表示されるまでにはいくつかのプロセスがあります。ざっくり言えば、ゲーム側が「120fps!」と指示を出して、その信号を受けたモニター(ディスプレイ)がリフレッシュレートにしたがって映像を出力するイメージです。

この時、ヌルヌル感を出すためにはFPSが高いだけではダメで、リフレッシュレートが高いだけでもダメなのです。1秒間の動画が120枚の画像で構成されていたとしても(=120fps)、それを出力するだけのスペック(=リフレッシュレート)がなければ意味がないということ。逆もまた然りです。

フレームレートとリフレッシュレートの違い【まとめ】

最後にフレームレートとリフレッシュレートの違いをまとめておきます。

項目フレームレートリフレッシュレート
意味動画1秒あたりのコマ数(画像数)1秒あたりに画面を更新する回数
単位fpsHz
単位=120の意味1秒間の動画が120コマで構成1秒間に画面を120回更新
(リフレッシュ)
結局、何?動画スペックを示す単位モニタースペックを示す単位

こういった感じですね。

両者が似ていると感じるのは、そもそも両者に関連性があるからです。ただ、対象が違うと考えれば少しは理解しやすくなるかと思います。

そもそも映像側でコマ数が高くないとスムーズな映像にはなりませんし、それを出力するだけのハードウェアとしてのディスプレイ性能も備わっている必要があるということですね。

競技性の高いゲームタイトルでは、高いフレームレートと高いリフレッシュレートを持つことが大切になります。興味のある人はNVIDIAが公表している以下のYouTube動画で違いをチェックしてみてください。

FPSが高いと残像が少なくなり、ヌルヌルになります。

ゲームのFPSには2つの意味がある?

最後におまけです。

ゲームのFPSには以下2つの用語があります。

ゲームに関連するFPS

  • FPS:Frames Per Secondの略で、フレームレートのこと
  • FPS:First Person Shooterの略で、一人称視点のシューティングゲームのこと

「FPS」と聞くと、本記事で紹介したフレームレートを思い浮かべる人と、ゲームでよく使われる「First Person Shooter」のFPSを思い浮かべる人がいるかと思いますが、両者はまったく別です。

「FPSゲーム」「FPSタイトル」と検索すると、一人称視点のシューティングゲームが出てきます。ゲーム内では、操作性やヌルヌル感を出すためにフレームレートとしてのFPSが大事になってきます。

慣れていない人には紛らわしいですが、一人称視点のシューティングゲームを「FPS」、ヌルヌル感に必要な概念を「フレームレート」と使い分けた方がわかりやすいかなと思います。

どちらも知らない人には混同してしまうと思ったので紹介してみました。

まとめ:FPS(フレームレート)とHz(リフレッシュレート)の違いを理解して快適な環境を整えよう!

今回はフレームレートとリフレッシュレートの違いについて解説してきました。

なかなかイメージしづらい内容ですが、動画や映像では絶対に知っておきたい用語の一つとなります。用語の意味や違いを理解しておくと、より多くのことを知るきっかけにもなるはずです。

私のブログではゲーミングPCについても紹介しているので、興味のある人は良ければ見ていってください。

-ゲーミングPC
-